愛育ダイアリー

ラッセランド見学

2018年07月10日

紙を触ったところで、実際に紙貼りしているところも見せて頂きました。

たくさんの方々の手でもってつくられているのですね。

別の小屋のねぶたは。。。

迫力❗❗❗鮮やかですねー(^∇^)

それぞれに発見しているようですよ。

見学を終えて聞きたいこと質問してみました。

お礼を伝えておしまいになりました。

バス待ちの間、ちょっとアスパムに寄り道。。。

新鮮な体験をした一日。いろいろな刺激も受けて楽しい時間でした。

14日の夏祭りに向けて、ねぶたの気分も味わいながら青森の文化に触れて楽しんでいきたいと思います。

もうすぐ夏祭り🎵

2018年07月10日

今日は全園児でワラッセと、ラッセランドにやって来ました。毎年恒例となっていますが、毎回ねぶたの迫力と新鮮さに子どもたちは目を輝かせています。

こうして見るとねぶたの大きさに圧倒されますね。

年長組&年少組はラッセランドへ。。。

たくさんのねぶた小屋が並んでいます。

今年もお世話になります、ねぶた師の北村春一様です。

ねぶたの骨組みについて詳しく教えて下さいました。ねぶたの出来る段階を見せて頂けるそうです。

今年のねぶたも素敵な作品です。

下の方は紙貼りが始まっていますね。奉書紙という和紙が使われているそうです。

みんな紙を触らせて頂きました。

ECEQ公開保育

2018年07月10日

6月27日、青森県内の先生方に多数ご参加頂き、公開保育を迎えました。

まずは各クラスの保育実践をご見学頂きます。各クラスの子どもたちが今どのようなことに興味を持ち、遊び・生活を展開しているのか❓担任のねらいと共に様々な視点を持ちながら御覧いただきました。

年少組は、様々なコーナー遊びを通して子どもたち、そして教師との関わりを。。。

年中組は、それぞれのクラスで継続している段ボール遊びと自然との関わりを通して、友だちとの思いの共有やそこに関わる教師の姿を。。。

年長組は先日のお店見学を通して感じたことや学んだことなどを、自分たちで他のクラスの友だちに発信しよう❗伝えてみよう❗をテーマにお店やさんを作り出していたので、その姿をそのまま見ていただくと共に、その場面に適切に関わる教師の姿をテーマに。。。

午後はそれぞれの分科会にて、午前中の保育実践について話し合う時間となりました。

全体会では、それぞれの分科会で話し合われたことなどを発表して、無事公開保育は終了となりました。

今回の公開保育にあたりまして、ご家庭の皆様のご協力なしでは実現できなかったことが大きく、改めて心より御礼を申し上げます。有難うございました。

子どもたちはたくさんのお客様にもかかわらず、本当にいつも通りで、元気で、それに私たちはホッとしていつもとかわりなく保育実践に臨むことができました(*^^*)

子どもたちにも感謝感謝です♥(*^^*)

Copyright(c) 2013 愛育幼稚園 All Rights Reserved.