愛育幼稚園の日記へ

世界文化遺産へ2022年11月13日

2021年7月27日、「北海道•北東北の縄文遺跡群」として世界文化遺産に登録された、三内丸山遺跡へ年長組が出かけてきました。

縄文時代に生きた人々がどのような暮らしをしていたのか、歴史にさまざまな角度から触れ、自然の中に身を置いてその空気を味わい、新鮮な学びの時間を過ごすことができたようです。

縄文シアターを観たり...

遺跡群を巡り...

六本柱の大きさに圧倒されつつ...

さんまるミュージアムも見学しました。

帰り道は美術館までお散歩♪( ´▽`)

途中、雨が降り出したのでバス停で雨宿りしたり、美術館前の野原でどんぐり拾いしていたらまたまた雨が強く降ったので傘を仲良くさしながら、帰ってきました。

園から近いところに地域の豊かな学びの施設があることは、とても恵まれていると感じています。

子どもたちがやがて大きくなり再び訪れたとき、幼稚園時代の思い出を振り返り、また新たな気持ちを感じてもらえることが願いでもあります。地域、そして社会とのつながりを大切にしながら、子どもたちにとって充実した体験の機会を求めていきたいと思います。